FC2ブログ

Peter Roberts

ユーフォニアム奏者、コルネット奏者には名手がたくさんいますが
ソプラノコルネットと言えばこの人以外には思いつきません(知らないだけかも・・・)



ピーター・ロバーツはヨークシャービルディングソサエティーバンドのヨーロッパ選手権連覇時のメンバーで
その後、ブラックダイク、バトルクリークなどでも演奏していました

だれもが耳を疑うクライマックスでの最高音のff
確実に音を当てしかもばっちり聞こえるその存在感
最後までばてないスタミナ

すべてを兼ね備えたすばらしいプレイヤーです

http://www.bbbc.net/pages/spotlight/RobertsSpotlight.htm
Born into a Grimethorpe coal mining family in June 1950, brass was in the blood of Peter Roberts from an early age. In ]anuaury 1960 Peter joined the newly re-formed Grimethorpe Junior Band and became their first principal cornet, making the somewhat prophetic move to soprano cornet three years later.

In 1965, Peter was promoted to the world famous Grimethorpe Colliery Band, playing in the British Open that year. This was to be a long association - lasting until Christlnas 1989.

最初はグライムソープからそのキャリアがスタートしたようです
若いときの録音も聞きたくなりました

http://www.4barsrest.com/articles/2001/art095.asp
“As I’ve said – I think I’ve been very lucky. I was given the mouthpiece I use to day over 35 years ago (Bach 17C – for all of you who will now go out and buy one) and I was brought up playing on a Besson Class A soprano until 1983 when I started to play on the Schilke which I stuck with ever since. That’s not a secret recipe is it?”

Besson Class A sopranoを最初使用してして
1983年からはずっとシルキーの楽器を使用しているとのこと
ベッソンが主流の時代背景からしてもかなり以外と言えるのではないでしょうか
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BrassMania

Author:BrassMania
ゆーふぉ吹きのほーむぺーじ管理人です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセス解析